BOKUのジャンク箱

半端ネタで書きたいものだけ放り込む感じかな

片方が施設にはいって別居状態の高齢者夫婦が生計分離して生活保護を受けられるの?

僕のことではないですよ(笑)

フットワークが軽いので、親族の便利屋的な位置づけになっていることから、たまたま、引き受けた用事でかかわった遠い親戚の話です。

 

片方施設で別居状態・年金だけが頼りの高齢者夫婦

 

ご主人が認知症で、ケアマネージャさんの判断で既に施設にはいってます。

貯金はほぞゼロで、年金だけが頼りです。

まあ、そんな状態でした。

僕は、そのご主人に成年後見人をつけるにあたって、司法書士に払う手数料もだせない状態だということで、代わりに申し立て手続きを手伝ったのですね。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com

それは。

めでたく認定され、後見人の司法書士さんもついてくれました。

めでたし、めでたし・・と思っていたのですが。

 

ふたたび呼び出されて拘わることに

 

有体に言えば、生活が苦しい・・ということでした。

妻の年金なんてごく僅か(月3万円程度らしい)なので、夫の年金頼りですが、施設の費用とか介護費がかかるので、妻側の生活費はきびしいらしい。

それで。

妻側に生活保護をつけたいんだけど・・みたいな話です。

生活保護

www.mhlw.go.jp


誰でも知ってます。

働けない正当な事情があって生活が困窮している人に最低生活費を支給するものです。
固定金額ではないですから、いくら位とはいいづらいですが。
こちらのサイトで金額計算はできます。

fuse-law.jp

ためしに適当な地域をえらんでやってみると、「夫婦2人で約11万円強+住居費4万円程度の15万円位」でした。

これが最低生活費ってやつですね。

高齢者でも例外はなくて、国民年金しかない人だと月4~5万円なんて場合もあるらしいので、生活保護をうけて、その最低生活費との差分を生活保護でもらうなんて例もあるみたいです。

 

生活保護は世帯が基本

 

ただ。

生活保護は、あくまで「世帯」が単位なんですね。

なんですが、発案者のケアマネージャさん曰く、例外があるらしいのです。

夫が認知症で施設にはいってて年金の大部分がそちらの入居費用になってしまう。

妻が自宅に一人で暮らしているが、年金が少なくて暮らせない。

こういうケースでは、特例的に妻単独での生活保護申請ができる場合があるそうです。

その条件は、妻もケアハウス等の施設にはいることだと言うんですね。

ほんまかいな?

なんか納得できない気がして調べてみたら。

確かに生活保護でも、老人ホームにはいることはできるらしい。

www.minnanokaigo.com

でも。

生活保護法による保護の実施要領について(厚生労働省事務次官通知)
第1 世帯の認定
同一の住居に居住し、生計を一にしている者は、原則として、同一世帯員として認定すること。
なお、居住を一にしていない場合であっても、同一世帯として認定することが適当であるときは、同様とすること。

これを見ると、そんな単純な話ではなさそうです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

seikatsuhogo.jp

 

世帯分離で生活保護が認定できる条件とは

 

まあ。

確かに。

100%無理というわけではなさそう。

1682-kaigo.jp

これで見る限り、今回ケアマネージャさんが狙っているのはこれですね。

(6)生活保護受給のための世帯分離が可能なパターン例②介護老人保健施設以外の介護保険施設に入居してもらう


介護保険制度を利用するようになり、特別養護老人ホームなどの介護保険施設に入居する場合なら、生活保護受給のための世帯分離として申請を受理されることになります。

世帯分離し場合、入居者自身の口座を分けておいて、入居者自身の利用料金を本人が出していることを証明できれば可能です

 でも、残念ながら、そんなに甘くはなさそう。

だって、聞いた計画では安いといっても、夫の年金を前提にしないと支払えない。

たぶん、もっと安いところ・・妻だけの年金の単身世帯だった場合に検討可能なような・・に入居とかしない限り、魂胆丸見えで、よほどのヘボ役人でもないかぎり認定してくれないような気がします。

うーーん。

今回の話は適当にさばいて、断ったほうがよさげだな。